ホーム » 特定保健指導について

特定健康診査(特定健診)結果について

特定保健指導とは?

 特定健診の結果から生活習慣病の発症リスクが高い方に対して、生活習慣病の発症を予防するために行う保健指導です。

 対象者は40 歳~ 74 歳までの被保険者及び被扶養者で、特定健診の結果を基に以下の判定基準で選定(階層化)します。

※糖尿病、脂質異常症、高血圧で服薬治療されている人は、特定保健指導の対象とはなりません。
 また、65~74歳の人は、積極的支援の対象となった場合でも、動機づけ支援を行います。

苫小牧市保健センターにおける特定保健指導の流れ(例)

動機づけ支援の流れ

初回
個別面談

・健診結果から自分の今の状態を確認します
・生活を見直し、生活習慣の問題点を見つけます
・生活習慣改善の目標を立てます

3カ月評価
電話・手紙等

体重・腹囲の変化、生活習慣の改善状況を確認します

積極的支援の流れ

初回
個別面談

・健診結果から自分の今の状態を確認します
・生活を見直し、生活習慣の問題点を見つけます
・生活習慣改善の目標を立てます

継続支援
面談・電話・手紙等

担当より数回連絡させていただき、継続的にサポートしていきます

3カ月評価
電話・手紙等

体重・腹囲の変化、生活習慣の改善状況を確認します

特定保健指導に関するお問い合わせは、
下記にご連絡ください。

電話:0144-35-2800
(直通)健康増進係
(8:30~16:00 土・日・祝日は除く)

ページ上部へ

健診を受けたあと

特定健康診査結果について

特定保健指導について